映画すみっコ観てきました

※ネタバレはたぶんないです

噂の映画すみっコぐらしを観てきました。

 

 

終始号泣した。

 

 

ぶっちゃけ冒頭のシーンだけで目が潤んでしまったし、序盤のただキャラ紹介してるだけで悲しい要素なんて何もない日常シーンですらなんかもう世界があったかすぎて涙目になっていた(どんだけ)

事前に1巻2巻と絵本『そらいろのまいにち』を読んでたのもあって、なんかな…もう動いてるだけでその愛しさと生きてる姿に涙してしまうな。この光はわしには強すぎる…

 

『そらいろのまいにち』もガチ泣きしたので興味のある方はぜひ読んでほしい。
心の繊細な動きというか、光と闇の描き方がとにかくうまいんじゃ。すごい。

 

なんというかこうなることは事前に分かっていたんですが

 

映画を観に行ったが最後、

続きを読む…

         
イイネ!

保護フィルム貼り替えた

レイトレックタブ、付属してた手書き風フィルムに貼り替えてみました。
最初から貼ってあったやつ剥がすのにだいぶ苦労した…最後の手段として恐る恐るカッターの先で引っ掛けたら一発でしたわ。なんてこったい。

手書き風フィルムですがざっくり言うと

  • ザラザラはしてない。紙のようなペーパーライク系ではない。
  • 指の滑りはよくなった。よい。
  • 逆にペンは前よりつるつる滑らなくなった。よいと思う。
  • ただ書き味がすごくゴム感ある。変な時にキュッと突っかかる。

 
スマホの保護フィルムに近いですねこれ。
初期フィルムよりはいいと思うけど、思ってた書き味とは違うなぁと感じたので、やっぱりその内他のフィルムも試そうと思います。

***
続きを読む…

         
イイネ!

『raytrektab10インチ』使用感レビュー

この記事はタブレットPC初心者によるraytrektab10インチ使用感想まとめです。
使ってて自分がつまずいたところの対処法もメモ。

スペックとかは他の方々が詳しくまとめてくれてるのでググってください!

メイン機(cintiq pro 24)とレイトレックタブ10インチの画面サイズ比較。
(机周りヤバイのでとりあえず画面サイズだけ…

ちなみにcintiq pro 24のレビューはこちら。

『Cintiq pro 24』買ったよレビュー|わかさ|note
思ってた以上に記事書くのに時間かかってしまった……実はもう3週間ほど経ちますが買ってました、念願の大型液タブです!ヤッター!! 13HDからの移行で、タッチ機能のないペンモデルタイプです

上の写真だと10インチちっちゃ!ってなりますがこれは比較対象がでかすぎるだけで
実物は小さすぎず大きすぎず、持ち運び用としてちょうどいいサイズだと思います。

私は縦の狭さに耐え切れなくなって13HDからpro24に移行した人間なので

13インチよりもっと小さいやつ買って大丈夫なの?って感じだったんですが

画面の小ささ、意外と気にならないです。
解像度も高くて綺麗!アナログでA6メモ帳にひたすら絵や漫画を描いてた頃を思い出す…(´ω`*)
ただこれは「サイズ的な意味合いで」なので書き味は全然アナログではないです現状とってもツルッツルです。ペーパーライクフィルム貼ったらもっとアナログ感増していい感じなんだろな~

本格的な漫画を描くにはさすがにちっちゃくて厳しいので、それは今後もpro24メインでやりますが(;’∀’)
ネームやらなにやらの作業を、寝っ転がりながら…あるいは自室以外の場所でもできるようになったのは嬉しい。それにもしもに備えてサブ環境があるとやっぱり安心しますね。

今回買ったもの

  • raytrektab10インチ本体
  • 三菱鉛筆デジタイザペン
  • カバーケース
  • USB type-Cのハブ(充電も可能なタイプ)
  • 2.0規格のUSBメモリ32GB(回復ドライブ用)
  • microSDXCカード128GB
  • 左手デバイス用のテンキー
  • ペンにつけるグリップ

とりあえず必要そうなものは一通り全部そろったので、以下感想文。
「私はこうしました」的なメモですが、何か参考になれてたら幸いです!(素人なので何か間違ってても許してください)

続きを読む…

         
イイネ!